持たないシンプルライフ、ミニマリストという生き方に学ぶ事

ミニマリストという生き方,断捨離

 

近年、「ミニマリスト」という言葉をよく聞くようになりました。

数年前では、「断捨離」という言葉が流行しました。

モノにあふれ、付加価値こそ正義だという欲にまみれた時代から、いかに無駄をなくしシンプルに生きられるか、本当に必要なものとは何なのか・・・そんな世の中への移り変わりつつあるように思います。

 

 

 

よく部屋を見ればその人の人間性や、今置かれている状況が分かるといいます。

きれいな部屋の人は、物事の区別や自分の好みがきっちりしていて、すっきりとした性格である傾向が強い。

逆に、いらないモノが多く、散らかっている部屋の人は、判断力が鈍く、本当に必要なものとは何なのかの基準があいまい。

 

僕はどちらかというと、収集癖があり、モノをため込む傾向にあるんですが、本書を読んで少し考え方が変わりました。

本当に、モノが少なくてスッキリしていることが性格にまで影響するのかどうか。

だとするならば、ミニマリストという生き方にはどんなメリットやデメリットがあるのか少し考えてみましょう。

 

モノにとらわれない「ミニマリスト」という生き方

ミニマリストという生き方,断捨離

 

「ミニマリスト」の原点となる「断捨離」

「断捨離」とは、「やましたひでこ」さんが提唱する、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。

 

「断捨離」という言葉は、ヨーガの行法に基づき、以下のように述べられています。

「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。

・断=入ってくる要らない物を断つ

・捨=家にずっとある要らない物を捨てる

・離=物への執着から離れる

 

「断捨離」という言葉が流行し、「部屋をキレイする」=「断捨離」みたいな風潮がありました。

しかし、ただ単に「部屋をキレイにしてしてすっきりしましょう」、ということではなく、自分の人生において必要なものと不必要なものをしっかりと見極めることこそ、「断捨離」の神髄というわけです。

 

日本の伝統「もったいない」

日本には古くから、「もったいない」という考え方があります。

「もったいない」(勿体無い)とは、「物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ち」を表しています。

「物体(もったい)」とは、元来は仏教用語である。また、「勿体無い」は、もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていた。現在では、それらから転じて、一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を、戒める意味で使用される。

 

そんなモノを無駄なく、最後まで生かし切りたいという考え方は素晴らしく、「もったいない精神」は世界でも評価され、「MOTTAINAI」と、そのまま世界共通語として広めようという運動もあります。

 

行き過ぎた「もったいない」

しかし、日本人は特に「もったいない」という考え方が強く、そんな行き過ぎた「もったいない」精神では、まったく物が捨てられず、知らず知らずのうちに人生の重荷となってしまいます。

すでに役目を終え使わなくなったモノや、将来も使う当てのないモノに部屋が埋め尽くされ、自分の快適空間が奪われていきます

増えすぎたモノは、扱いにくく、掃除もしにくい、そうするとさらに増え続け、何をするにも時間や気力が奪われるようになります。

そうなってしまっては、自分の力だけではどうすることもできず、だんだんとあなたの人生をむしばんでいくことでしょう。

 

こうした、もったいないに取りつかれてた精神を、ヨーガの行法を用いた「断捨離」により、解きほぐし、モノから解放された真の意味での豊かな生活へと導きましょう。

 

ミニマリストへ近づくための第一歩

ミニマリストという生き方,断捨離

 

自分の部屋を見回して、本当に必要なものってどれだけあるでしょうか?

「これはいつか使うから捨てられない」

「これはあの時の旅行の思い出だから捨てられない」

「これはお世話になった人から貰ったものだから捨てられない」

 

こんな理由で、ほこりをかぶっているものがどれだけあることでしょうか?

それは本当に必要なものですか?

 

おそらくその大切なモノの大半は数か月もしくは、数年にわたって全く使用していないものが多いのではないでしょうか。

 

よく片付け上手い人のコツとして、「一年使わないものは一生使わない」と言います。

これはまさにその通りで、一年間つまり、春夏秋冬を通して使わなかったものは、翌年も使うことはありません。

着なかった服も着ることはありません。

 

必要だから取っておいているのではありません。

あなたの踏ん切りがつかないだけです。

 

捨てるのは技術です

本書によると、「捨てる」というのはひとつ技術であるといいます。

話せば話すほど外国語が上達するように、捨てれば捨てるほど、捨てることは上手になっていく。(中略)捨てることは、正しく「技術」である。

 

誰でも、「思い出があるモノ」、「必要だと思い込んでいるモノ」、「大切にとっているモノ」などを捨てるのは「勿体無い」ものです。

しかし、それらが自分の人生において、本当に必要なものか見極める(大切なものに見切りをつける)ことで「捨てる技術」が身につくというのです。

 

まずいらないモノを捨てる

いらないモノとは、ただ単に処分するだけのゴミだけではありません。

まず、日常生活においてほとんど使わないものを見つけて捨てましょう。

 

2つあるモノは捨てる

ボールペン、ハサミなどは、なぜかいくつか家にあったりしますよね。

使いやすいものが一つあれば十分です。

 

一年使わなかったモノは捨てる

一年使わなければ、この先何年たとうとも使うことはありません。

安心して捨ててください。

 

目的が明確でないものは捨てる(いつか使うからというモノ)

「いつか使うから・・・」

使いません。今すぐ捨てましょう。

 

人の目のためにあるものは捨てる

おしゃれに見えるから、持ってないと恥ずかしいから。

気にしすぎです。自分のために必要なものを買いましょう。

 

持ち続ける理由が感情によるものは捨てる

「あの人との思い出の品だから・・・」

「子供のころよく使ってたんだ・・・」

いまは必要ありませんよね?

無くてもこの先困ることはありません、すぐ捨てましょう。

 

捨ててると意外とスッキリします

捨てる時はだれでも躊躇するものです。

「これは昔の思い出が・・・」

確かにその通りです。

懐かしいものってなかなか踏ん切りがつかないんです。

でも片付けするたびに思いませんか?

「どうせもう使わないし、思い切って捨てようかな、、、」と。

 

その感覚は正しいです。

でも何度も、思いとどまっちゃうんですよね。

「勿体無いから」、「懐かしいから」、「大事な思い出だから」

でもひとおもいに捨ててみてください。

おそらく後悔することはありません。

少なくとも僕は捨てて後悔したことはありません。

意外と、そんなものです。

 

本当に大事な思い出はモノがなくなっても、ずっと覚えているものですし、想い続けているものです。

 

それでも捨てられないのであれば、それは思い出に浸っているのではなく、モノに縛られて先へ進めない自分の弱さではないでしょうか?

思い出のモノがそこにあることにより、安心感を得ようとしている心の弱さだと思います。

 

モノがあることで、安心すると思い込んでいるだけで、実際は縛られていることに気づいていないのです。

さあ、思い切ってひとおもいに捨ててください。

 

 

捨てられないなら、買わない。

では次に、へやが片付いたら、今度は余計なものが増えないように心がけましょう。

いままでは、「これかわいい~!!」、「これほしいなぁ~!!」というそのときの感情で購入してしまうことがあったでしょう。

しかし、それではまたモノに埋め尽くされて縛られてしまいます。

 

購入する前に、一度考えましょう。

・それは本当に必要なものなのか?

・それがなかったら生活できないのか?

・それを購入することで自分の何が満たされるのか?

・そもそも購入する目的はなにか?

・今持っているもので補えないのか?

 

特に高額な買い物をするときには注意が必要です。

いざ、いらなくなってもせっかく高いものを買ったからという「勿体無い」精神に縛られ、また捨てられなくなります。

自分にとって、最良で、必要で、一番のお気に入りだと判断したものだけ購入しましょう。

 

本当に必要なものが見えてくる

生きる,ライフ

 

ここまで気を使っていると、真に必要なものが見えてきます。

それはモノに限らず、自分の気持ちや時間、社会、人生そのものも含め、です。

 

今まで自分がどれだけ必要のないモノに、お金、気持ち、時間を奪われてきたのか。

どれだけ必要のないモノに縛られて、疲弊させられてきたのか。

ようやく振り返ることができるようになるはずです。

 

人生一度きりです。

モノとともに、いままで自分が縛られてきたものを捨て去り、本来の自分の求めていた人生を描いて行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ストレスばかり抱えてませんか?幸せとは現実を受け入れる事

ストレスを解消する3つの方法とストレスを受ける3つのタイプ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ