百聞は一見に如かず。百見は一触に如かず。

空へ踏み出す男

 

「百聞は一見に如かず」

ということわざを聞いたことがありますね。

「百回聞くよりも、一度見た方が良い」

つまり、間接的に人から話を聞くより、実物を一度見た方が得られるものが大きいということ。

ことわざとは、物事の本質をよく捉えていますよね。

長い年月を超えて、人々に伝えられるだけあります。

実はこのことわざには、続きがあるんです。

 

「百聞は一見に如かず、百見は一触に如かず」

 

ぽつんと佇む小鳥

 

これは、僕の大好きな漫画「範馬刃牙」で、主人公範馬刃牙のお父さん、範馬勇次郎が放った言葉です。

言葉の通り、

百回聞くよりも一度見た方が良い。

百回見るよりも一度触った方が良い。

まさにその通りですよね。

触るというのは、「手で触れる」という意味もありますが、実際に「体験する」という意味でもあります。

 

例えば、

サッカーを全く知らない人が、サッカーを知っている100人の人に、「サッカーとはどんなものなのか?」を聞いて回ったとしたら。

「1チーム11人で行うスポーツである」

「FW、MF、DF、GKというポジションがある」

「両チームにゴールが設置されていて、そこにボールを入れると、点数が入ります」

「ゲーム中、手を使ってはいけません」

 

こんな感じでしょうか。

僕らはサッカーというものを知っているので、わかりますが、全く知らない人からしたらどうでしょうか?

さらに多くの情報を得たとしても、さほどイメージは湧かないと思います。

 

それなら、サッカーの試合を一度見た方が得られる情報は圧倒的に多いです。

試合の流れ、各ポジションの役割、会場の熱気、スタジアムの大きさ、

しかしそれでも、あくまでも見ている段階にすぎません。

 

さらに上の段階として、

「百見は一触に如かず」があります。

実際にサッカーフィールドに立ちプレーすることで、

脚でボールを扱うことの難しさ、ゲームの展開の速さ、相手ディフェンダーとの攻防。

 

それは「聞いた」、「見た」では得ることのできない「体験」です。

 「体験」の積み重ねが「経験」となります。

 

あのパナソニック (松下電器)の創業者松下幸之助もこう言っています。

「百聞は一見に如かず、されど百見は一験に如かず」

 

見たり聞いたりすることは大事だけれども、失敗を恐れずに、まずはチャレンジしてみることだと説いているわけですね。 

 

今の仕事をさらにステップアップさせたい時、

もしくは今の仕事を辞め、新たな環境へと踏み出したい時。

人から聞いたり、情報を集めることも大事ですが、できることから今すぐ始めることです。

 やってみなければわからないことはたくさんあります。

もしやりたいことがあるのなら、失敗を恐れず今すぐ動き出しましょう.

 

ちなみに「範馬刃牙」はとても面白いマンガなので気になった人は見てみてください。

範馬刃牙3巻にて、息子刃牙が、自分のイメージで作り出した想像上のカマキリとシャドーファイトをしたことに対し、父勇次郎が放ったセリフです。

想像上のカマキリといくら戦おうとも、そんなもの実物の子犬にさえ劣ると例えています。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ