「疲労物質に効果的!」イミダペプチドの疲労回復効果の体感レビュー

 イミダペプチド,疲労回復,ストレス,渡り鳥
 
このページを開いている方は、私と同じように日頃から「疲労」に悩まされ、ずっとなんとかしたいと悩んでいた方だと思います。
 
仕事が忙しい、育児に悩まされる、人間関係がつらい、いくら寝ても疲れが取れない。
 
理由は人により様々ですが、「つかれた・・・」とは思いつつも、なかなか改善できなくて悪循環に陥っているんですよね。
 
こんな症状にあてはまる人は、危険信号です
 
  • 朝起きるのがつらい
  • 日中眠気に耐えられない
  • 気力がなく物事を始められない
  • なかなか集中できない
  • 物忘れが激しい
  • 何も興味がわかない
 
私自身もこんな疲労感をなんとか改善できないかと、様々な方法を試行錯誤していました。
そんな中、「イミダペプチドソフトカプセル」に出会い、現在も継続して使うようになりました。
 
 
 

日本予防医薬のイミダペプチドソフトカプセル

私が「抗疲労効果」 を実感したのは、「日本予防医薬」から販売されている「イミダペプチドソフトカプセル」 です。
 
イミダペプチド,渡り鳥,日本予防医薬
 
この「イミダペプチドソフトカプセル」 ならば、1日4粒を目安に飲むことで、「抗疲労効果」が見込める摂取量を満たすことが出来ます。
 
初めは半信半疑で購入したのですが、思い返すと1年以上継続して毎日飲んでいます。
 
 
 
 

イミダペプチド成分のもつ疲労回復効果とは?

イミダペプチド成分とは、鳥むね肉に含まれる「疲労回復物質」です。
その疲労回復物質を、簡単に摂取しやすいように凝縮したのが「イミダペプチドソフトカプセル」というわけです。
 
 
 

実際に疲れはとれたのか?

まず、「疲労感」は軽くなっていると実感しています。
 
以前ならば、朝起きた瞬間から身体がだるく、身体を起こすのもしんどい、外出するのすることすら気が向きませんでした。
 
それでもなんとか、毎朝仕事に向かうという状態でした。
 
それが飲み続けて10日ほどで、「朝の目覚めの気持ちの変化」と「駅に向かう足取りが軽くなっている」ということに、ふと気づきます。
 
もちろん、10日ほど飲み続けたからと言って、「疲れが全部ふっ飛んだ!!元気いっぱいだ!!」というわけではありません。
 
 
しかし、今までのような「朝起きるのすらしんどい」「何をするにも身体が多くやる気が出ない」という症状が軽くなっただけでも、自分自身驚いています。
 
これは、症状が重く「慢性的に疲れている人」だからこそ実感できることだと思います。
 
 
おそらく、「1日寝たら疲れがスッキリ取れている」という人では、気付かないくらいのわずかな変化です。
 
 
しかし、今まで様々な疲労回復方法を探していた私にとってのそれは、大きな大きな変化でした。
 
この時点で、イミダペプチドをこのまま2か月、3か月と飲み続けようと決意しました。
 
 
 

疲労回復のための摂取目安

疲労回復効果のためには、イミダペプチド成分を「1日200mg」摂取する必要があるといわれています。
 
イミダペプチドソフトカプセルならば1日4粒でちょうど200mg摂取することが可能。
 
 
 

イミダぺプチドを食品から摂取するならば?

イミダペプチドソフトカプセルならば、1日4粒で必要摂取量を満たせますが、食品からも摂取することが出来ます。
 
鶏胸肉ならば「1日100g」で必要摂取量を満たし、それを1週間以上食べ続けると疲労回復効果があると言われています。
 
他にも、豚肉、牛もも肉、カジキ、カツオ、マグロの赤身、等にも含まれていますが、
鳥胸肉のイミダペプチド成分の含有量は、豚肉や魚の2~3倍と言われています。
 
イミダペプチドソフトカプセルも、もともとは渡り鳥の胸肉から抽出した成分をもとに製造されていますので、ソフトカプセルでも食品でも、どちらも効果的です。
 
 
 

疲れているからこそ、手軽さを選んだ

食品からイミダペプチド成分を摂取するのもひとつの手ですが、「何もやる気が起こらないほど疲れていた」私にとっては、それほどの量の鳥胸肉を食べるのは難しい状況でした。
 
100gというと、それほどの量ではありませんが、鳥胸肉を食べられる飲食店もそんなにありませんし、毎日欠かさず自炊で摂取するのも難しい。
 
しかし、ソフトカプセルならば、持ち運ぶこともできるので、旅行や出張があった際にも便利です。
 
イミサペプチド成分は、欠かさず継続して飲み、体内濃度を高めていくことで効果が発揮されますので、「続ける」ということが大事になってきます。
 
だからこそ、毎朝飲むだけで済む「イミダペプチドソフトカプセル」が気に入っています。
 
 
 

従来のエナジードリンクは根本的解決にならない

疲れている時といえば、エナジードリンクを思い浮かべる人も多いかと思います。
コンビニなどでも手軽に購入できますし、私自身もよく利用していました。
 
ただ、エナジードリンクは即効性はあるものの、「元気になる」「疲労回復に効果がある」かというとそうではないんです。
 
疲れているときにエナジードリンクでシャキっとするというのは、含まれている「カフェイン」成分によるものです。
 
エナジードリンクには、多量の「カフェイン」が含まれているため、その覚せい作用によって脳を刺激し、一時的に「元気になっていると錯覚させる」ということですね。
 
もちろん、ここぞという時に飲む分には良いのですが、慢性的疲労の解決にはならないということです。
 
他にも、疲労回復をうたったサプリメントもいくつも試してきましたが、体感的には効果を感じることが出来ませんでした。
 
ですので、「イミダペプチドソフトカプセル 」は初めて効果を実感し、継続利用しているはじめてのサプリメントとも言えます。
 
 
 

飲み忘れた時こそ効果を実感する

「イミダペプチドソフトカプセル 」 をしばらく継続して飲んでいると、身体が軽くなっているのが実感できます。
 
そんな中、「もう飲まなくても疲れはないんじゃないかな?」と思い、試しに数日飲むのをやめてみたことがあるんです。
 
すると、やはり以前のようにだんだんと「身体がダルイな・・」「通勤の足取りが重いな・・・」と感じるようになってしまいました。
 
やめてみて、やはりこれだけの効果があったんだなと改めて実感しました。
 
 
 

飲んでいるうちに生活改善

「イミダペプチドソフトカプセル 」 を飲んで、身体が軽くなったのは実感できたものの、やはり「身体に疲労を蓄積ささせている環境」を改善していかなければなりません。
 
毎日の食生活であったり、仕事の環境改善、定期的に運動をするなど、
 
いくらイミダペプチド成分で、「慢性的な疲労」を軽減できたとしても、次から次へと疲労が舞い込んでくる状況をいつかは何とかしなければいけません。
 
 
だからこそ、今までの「疲労で何もできない状況」を軽くして、「その間に生活環境の改善に努めていく」
 
という流れが非常に効果的です。
 
ただ、生活環境を変えるのは時間も手間もかかるので、いきなりそこを目標にするのは、かなりハードルが高いかと思います。
 
イミダペプチド成分で疲労を軽減しつつ、徐々に改善していくのが現実的です。
 
 

イミダぺプチド成分の疲労回復メカニズム

人間をはじめ多くの生物は、「酸素」を消費しながら生きています。
 
そんな生物は過度に活動しすぎると、酸素から変換された「活性酸素」が体内に蓄積されてしまいます。
 
蓄積された「活性酸素」が、細胞にダメージを与え、疲労やパフォーマンスの低下を引き起こします。
 
その情報が、「脳」へと伝わり、「疲労感」「ダルさ」となって現れるわけです。
 
 
イミダペプチド成分は、活性酸素を抑制し、細胞へのダメージを予防することで、「疲労感を軽減」、「疲労を回復」する効果があるといわれています。
 
 
さらにイミダペプチド成分とともに、ビタミンC等の抗酸化成分同時に摂取することで、より高い効果が期待できます。
 
 
 

実はイミダペプチド成分は長年親しまれている安全な成分だった

私自身、「イミダペプチド」という成分を初めて耳にし、「疲労回復に効果があるなら使ってみようかな」と思いましたが、初めて聞く成分だったので「副作用とかはどうなんだろう」という不安もありました。
 
よくよく調べてみると、イミダペプチド成分はもともと人体に存在している成分であって、鳥のむね肉をはじめ、マグロなどの回遊魚にも存在する安全な成分だといわれています。
 
 
 

イミダペプチド成分は1300年前から存在していた

私は初めて知りましたが、鶏肉を始め、豚肉や牛肉などを通して、日本人が日頃から口にしている成分だったんですね。
 
さかのぼると、イミダペプチド成分は1300年以上前から口にされていたようです。
 
もともと人体に存在していて、しかも古くから摂取していたのであれば、副作用の心配はないということですね。
 
そんな日本人にとってもなじみ深い成分を、ソフトカプセルにして摂取しやすくしたのが「イミダペプチドソフトカプセル」だったというわけです。
 
1年以上利用している現在も、副作用はありません。
 
 
 
 

「日本予防医薬」の「イミダペプチドソフトカプセル」を

疲労回復に効果を発揮する為には、「純粋な」イミダペプチド成分を「200mg」摂取しなければなりません。
 
私がオススメしているのは、「日本予防医薬」の「イミダペプチドソフトカプセル」です。
 
コチラですね↓
イミダペプチド,渡り鳥,日本予防医薬
 
 
気を付けてほしいのは、「イミダペプチド含有エキス」などと記載されている類似品が時々あること。
あくまでも「含有エキス」であって、濃度が薄いです。用法通り摂取したとしても必要摂取量の「200mg」に満たない製品もありますので、ご注意ください。
 
「日本予防医薬」の「イミダペプチドソフトカプセル」には、必ず下の確証マークが入っているので、価格に騙されて他のものを買ってしまわないようにお気をつけて。
 
 イミダペプチド,日本予防医薬,渡り鳥,疲労回復
 
 
 

イミダペプチド開発の由縁とは?

イミダペプチドの開発のヒントとなったのは、渡り鳥。
 
渡り鳥は、無着陸でおよそ1万キロ以上飛ぶことができ、その間常に羽ばたき続けています。
 
そんな長時間の連続飛行を可能にする秘密がイミダペプチドです。
 
1万キロ飛び続ける渡り鳥や、最高時速100キロで睡眠中も泳ぎ続けるマグロやカツオ。
 
これら長時間の連続運動が可能な生物の筋肉部分には、イミダペプチド成分が生成されているらしいのです。
 
特に、羽ばたく原動力となる翼の付け根の「鶏ムネ肉」には、豚肉や魚の2〜3倍のイミダペプチドが含まれています。
 
だから1万キロ以上もノンストップで飛び続けることができるんですね!
 
 
 

人体にもイミダペプチドは存在している

先ほども書いた通り、イミダペプチド成分は人体にも存在していることが明らかになっています。
 
骨格筋や脳にイミダペプチド成分が含まれ、日々の疲労から肉体的にも精神的にも守ってくれています。
 
 
 

イミダペプチド成分は加齢で減少

イミダペプチド成分は、加齢とともに減少していき、30歳の時と70歳の時ではおよ3分の1まで低下しているんです。
 
また加齢に伴い、イミダペプチド成分が豊富に含まれている肉類を口にしなくなってくるので、さらに減少傾向にあります。
 
歳をとると、だんだんと疲れが抜けにくくなって、寝ても回復しないというのは、そういった背景もあったということです。
 
 
 

イミダぺプチド成分は精神的な疲労にも効果が?

さらに、イミダペプチド成分は脳まで作用するため、疲れた自律神経の回復効果や、認知症の予防効果を発揮するといわれています。
 
東京大学での研究結果、認知症(アルツハイマー病)は、長い人生の中で、脳が使われすぎた「脳の疲労」からくるものだという考えがあります。
 
疲労と言っても、肉体労働をしている人だけではなく、過敏な人間関係に囲まれている人や、神経をすり減らすような繊細な仕事、パソコン画面をずっと見ているような仕事をしている方にもおすすめです。
 
 
 

イミダペプチドで本来の自分を取り戻す

イミダペプチド,疲労回復,ストレス,渡り鳥

 

以上のように、イミダペプチドは肉体的な疲労だけでなく、現代のストレス社会による精神的疲労にも効果を発揮しているんです。
 
私自身慢性的な疲労を抱え、まったく疲れが抜けず、長い間本当に悩まされていました。
 
休みの日さえも心身ともにヘトヘトの状態。やりたいことがあっても気力が湧かず、なにも楽しめないような状況です。
 
しかし、「イミダペプチドソフト」を飲むようになってからは、ずいぶんと身体が軽くなり、以前よりも積極的に行動できるようになったと自覚することができました。
 
 
あなたがもし、ストレスを抱え、満足に睡眠もとれず、慢性的な疲労を抱えている。
 
そんな状態であるなら、一度「イミダペプチドソフトカプセル」を試してみてはいかがでしょうか?
 
疲労のせいで、自分のやりたいことがやれないのはもったいないです。
 
私は、「イミダペプチドソフトカプセル」を飲むことで「疲労」という悩みから解放されることが出来ました。
 
私と同じような悩みを抱えている人が、少しでも悩みの解決に向かうきっかけとなれば幸いです。
 
 
いまならば、「お試し65%OFF」となってるので、初回分だけでも良かったら試してみてください。
 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ