6時間寝れば十分でしょ?とよく言うが、それは幻想だった

睡眠,6時間,足りない

 

「睡眠なんて6時間も取れれば十分でしょ?」

誰が言ったかはわかりませんが、一度は聞いたことのあるセリフ。

みなさんは睡眠時間はどれくらいとっていますか?

毎日たっぷり8時間睡眠の人もいれば、6時間睡眠の人もいることでしょう。

あまりに忙しくて3~4時間しかとってないという人もいるかもしれません。生活スタイルによって様々だと思います。

 

しかし、6時間睡眠というのは、いっけん健康的に見えますが、実は重大な危険性が潜んでいるかもしれないのです。

今回は人間にとって、とても重要な睡眠について、触れていきます。

 

6時間睡眠は飲酒状態と同じ!?

 この記事を読んでいる人の中でも「6時間睡眠」もしくはそれ以下、という人は、結構多いのではないでしょうか?

たしかに「6時間」眠ることができれば、翌日もさほど身体のダルさはなく活動できているなと、私自身も感じていました。多少眠くても我慢できないほどではないので、さほど気にしていませんでしたね。

 

しかし、「6時間睡眠状態」の脳は「飲酒状態」のそれと同じだという検証結果があるんです。

 

ペンシルバニア大学の検証によると、4時間、6時間、8時間と睡眠時間ごとに3グループに分け、脳の働きを2週間にわたり測定した。
すると、2週間後、4時間睡眠は当然ながら脳のパフォーマンスは急激に低下し、無意識に睡魔に落ちてしまう人も多数。
そして十分な睡眠だと思われている、6時間睡眠でも、脳のパフォーマンスはみるみる低下し、2週間後には、お酒を飲んでいる時を同じような状態になっていることが判明。
注意力が散漫になり、判断力が低下、身体機能も衰えている状態。
それも、日数の経過ごとに睡眠不足は蓄積され、脳の状態はますます悪化。倦怠感に見舞われていきます。

 

6時間寝られれば、「まあ6時間寝たし、大丈夫かな・・・」という印象だったのですが、実は身体にこんな悪影響を与えていたとは驚きです。

 

 

能力の低下に自分では気づけない

たとえば、前日4時間しか寝られなかった場合、朝の寝起きが悪かったり、日中からとてつもない睡魔に襲われることがあります。

そして、そんな生活が続くと、睡眠不足状態に体が慣れてしまい、一日4,5時間の睡眠でも大丈夫だと勘違いしてしまうパターンが非常に多いです。

私もまさにそのパターンで、いつも4,5時間睡眠。日中も眠いものの気合で乗り切るという日々が続いていました。「まあダルいけど、いつものことだしな・・・」くらいにしか思っていませんでした。

しかし、それは身体が慣れたわけでも、適応したわけでもありません。

確実に低下しているパフォーマンスに気づけていないだけだったのです。

 

 

睡眠不足の蓄積はそう簡単には治らない

数日の短期的な睡眠不足ならば、削った分を次の日に多めに寝れば、まだ取り戻すことができます。

しかし、数週間、数か月という長期的な睡眠不足は、慢性化しています。そのため、そう簡単に回復することはできなくなっているのです。

更にいうと、睡眠不足状態が年単位で蓄積されてしまった場合、脳へどれだけ影響をもたらすかは、いまだ解明すらされていないようです。

それだけ脳に対し、負担をかけてしまってるということ。

 

睡眠不足による弊害

睡眠不足は「神経」疲弊であり、6時睡眠を2週間継続したところ、丸二日徹夜した人と同じパフォーマンスの低下状態だったという。

アメリカ全土の睡眠不足における脳、身体のパフォーマンスの低下を金銭的価値に置き換えると、「年間1000億ドルの損失」になるという。(およそ12兆4000万円)

仕事が終わらないからと、睡眠時間を削って作業したところで、寝不足になり仕事のパフォーマンスが下がり、さらに仕事が遅れる。

結果的にマイナスになってしまっているということです。

 

長い間、睡眠不足の人は自分の生活リズムを一度見直した方がいいのは、いうまでもありません。

 

しかし、寝すぎも身体に良くない

それならばと、1日に9時間、10時間と寝たらもっとパフォーマンスが上がるかと言ったらそうではありません。

それはそれで身体に良くありません。

睡眠不足の人は、心臓病、肥満、糖尿病のリスクが12%高いという統計がありますが、

対して、長時間睡眠の人は、それらの病気のリスクが30%へと増加してしまうという検証結果があります。

驚いたことに寝すぎのほうが、病気に対するリスクが高いのです。

 

それなら何時間寝たらいいの?

一般な成人の適切な睡眠時間は「8時間」だと言われています。

しかし、中には適切な睡眠時間が通常よりも、長い人や短い人が存在します。

ショートスリーパーと呼ばれる睡眠時間が3時間で済むような人もいますが、そういった人たちは特異な存在なんです。

私も若いころに睡眠時間を削れないものかと、ショートスリーパーへの実践法を試したことがありましたが、あまりに眠く、数日で断念しました、、、

 

量を取るか質を取るか

おそらく、激務に追われる日本人は、無理をして睡眠時間を削り、仕事に励んでいる人が多いと思います。

「短時間睡眠で休まず寝ずに働く人が偉い」、とされる風習も無いとは言えませんからね。

しかし、それは稼働時間は長いかもしれませんが、パフォーマンスの低下する中、睡魔と闘いながらの活動をしていて、決して効率が良いとは言えません。

思い切って、睡眠時間をしっかり8時間確保し、最大のパフォーマンスで仕事に臨んだ方が、良い結果へ結び着くことでしょう。

 

■質の高い睡眠を確保するために

「疲労が蓄積してしまう浅い眠り」を招く生活習慣

「寝ても疲労がとれない原因」となる生活習慣を改善するために

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ