とりあえずの3年が過ぎても、10年も20年も結局変わらない

就職したら「とりあえず3年」という言葉をよく聞きますね。
 
 仕事,とりあえず3年,やりがい,やりたくない
 

とりあえず3年が過ぎても何も変わらない

まず、「とりあえず3年」が我慢すれば、何かが変わると思っている人は、3年たっても何も変わりません。
 
「とりあえず3年」経過したところで、とりあえず5年、10年と考えが切り替わっていくからです。
 
そしてそのまま「とりあえず」という我慢をしたまま一生を過ごすこととなります。
 
 

とりあえず3年は一生続く

「とりあえず3年」という考え方がすでに「あきらめ」から入ってますよね。
 
やりたくないけど、「とりあえず3年」を過ごせば、仕事を覚えて、何か変わるかもしれない、だからとりあえず。
 
たしかに、嫌々ながらも3年も働いていれば、それなりに仕事はできるようになります。
 
ただ、とりあえずで生きた3年が過ぎてみたものの、その3年の先には何もありません。
 
「ようやく仕事もできるようになってきたし、もう3年ここでやっていこうかな、」
「いまさら転職するといっても、大変だし、まあとりあえず我慢するか」
 
仕事を覚えるのと同時に、とりあえずという人生を歩むための「あきらめ」を覚えるだけです。
 
「とりあえず」という考えは大きくなるだけで、終わりはきません。
 
 
 

まずは1年

「とりあえず3年」を過ごすよりも、「まずは1年」を全力で生きたほうが圧倒的に成長できます。
 
なにもわざわざ3年と決めて、ダラダラと過ごす必要はありません。
「とりあえず3年」が過ぎたところでその先に何も見ていない人は、何の変化も起きません。
 
たった「1年」でも、自分の意志で考えて、行動して、努力して、多くのコトを経験したほうが、
「とりあえずの3年」よりも得られるものは多いでしょう。
 
まずは1年全力で生きてみて、もっとそこで頑張りたいと思ったら、2年3年と過ごせばいいですし、さらに別の新しくやりたいことが見つかったら、そこでまた「まずは1年」頑張る。
 
そっちの方が充実した日々を過ごせます。
 
 
 

周囲の人間をよく観察してみる

周囲の人達を見てみて下さい。
同じ職場の先輩や同僚でも、友人たちでも、「とりあえず3年」と言っている人たちは、だいたいつまらない毎日を送っていませんか?
 
「とりあえず3年」我慢すれば、大体仕事のやり方が身につくという意味では、ハズレてはいませんが,決断を先延ばしにしているだけです。
 
「目の前のことを全力でやる」という自分の覚悟を先延ばししているだけにすぎません。
 
一生をとりあえずで生きていく人は、年収がわずか増えるかもしれませ。社内で少し立場が少しは変わるかもしれません。その程度です。精神的に変化はありません。
 
ただ、それでも良いと割り切って、そんな人生だと納得していれば、後悔はないでしょう。
 
どう感じるか、どんな選択をするかはひとそれぞれです。
 
 
 

人の意見ばかり聞いていると後悔する

真面目で人の意見を正面から受け止めすぎる人ほど、「とりあえず3年」の先には何もないということに後悔します。
 
言われるがままに、3年頑張ってたものの、何も変わっていないことに愕然としてしまいます。
 
「この3年をあと何十年繰り返すのだろうか・・・」
 
そんな将来への不安ばかりが残ります。
 
 
 

毎日の積み重ねが1年になる

そうならないために、「毎日」を一生懸命生きていくしかありません。
 
一生懸命生きた「毎日」が、充実した「1年」になります。
 
ただ言われるがままにで生きた「毎日」は「とりあえずの3年」にしかなりません。
 
そんな繰り返しが一生になります。
 
「とりあえず」という言葉は捨てて、「まずは」目の前のことを全力でやってみる。
 
いつまでもそんな気持ちを忘れずにいたいものですね。
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ