ヒーリング効果のあるおすすめクラシック音楽。作曲家別

ピアノ,クラシック,曲,

 

リラックス効果があって、不眠症の改善にも効果的な「ヒーリングミュージック」

そんな「ヒーリングミュージック」として「クラシック音楽」がとても効果的だといわれています。

クラシック音楽がなぜ、リラックス効果を持つのか、どんなクラシック音楽がヒーリングとして効果的なのかを紹介します。

 

クラシック音楽のメリット

ピアノ,クラシック,曲,

 

右脳を刺激する

クラシック音楽を聴くことによって、発想力や想像力を司る、右脳が刺激されます。

 

ストレスを軽減する

クラシック音楽を聴くことによりストレスを軽減する効果があるといわれています。ストレスを受けたり、闘争本能がむき出しの状態になると「コルチゾール」というホルモンが分泌されます。クラシック音楽を聴いた前後では、コルチゾールのホルモン量が少なくなっているという検証結果があり、ストレスが解消されたためだと言えます。

 

筋肉の緊張を和らげる

クラシック音楽等の癒しの音楽を聴くことで、心拍、血圧、血流の酵素量に影響を与え、筋肉の緊張をも和らげる効果があります。

筋肉の緊張が和らぎ、心臓の鼓動もゆっくりとなるため、疲労回復にもつながります。

反対に、アップテンポの曲を聴くことで、心臓の鼓動も早くなり、心拍、血圧も上昇します。身体が興奮、活動状態へと移行します。

 

エンドルフィン分泌

クラシック音楽を聴くことで、脳内麻薬と言われる「エンドルフィン」の分泌を促します。

エンドルフィンとは、マラソン選手が苦痛や疲労が最大限に達した時に、不思議と快感や陶酔感が得られる「ランナーズ・ハイ」という状態の際に、分泌される脳内物質です。

エンドルフィンは、モルヒネと同じような作用をするところから「脳内麻薬」と呼ばれ、気分が高揚したり、多幸感を得ることが出来ます。

クラシック音楽にはこの「エンドルフィン」を分泌させる効果があるといわれています。

 

「1/f ゆらぎ」

クラシック音楽が、癒しの音楽として効果を発揮する理由として、「1/fゆらぎ」によるものです。

「1/fゆらぎ」とは、不規則性と規則性がちょうどいい状態で調和している状態をいいます。

代表的な例として、小川のせせらぎや、そよかぜ、ろうそくの炎の揺らめき、などがあります。これらは何とも言えぬ心地よさを感じさせ、脳がリラックスしている証拠である「α波」がを生み出します。

人間の心拍の間隔も「1/fゆらぎ」であるとされ、これらを心地よいと感じるのは、人間の本能なのかもしれません。

 

安眠効果

クラシック音楽は、ストレスを解消し、「1/fゆらぎ」によりリラックス効果をもたらします。そのため入眠前に聴くことで、自然と眠りに向かう体制を整えてくれます。

また、ゆったりとした単調な音楽は眠気を誘う効果を持っていますが、普段クラシックを聴かない人は脳が退屈する為、余計に眠くなる人が多いようです。

 

リラックス効果を持つクラシック音楽集

ピアノ,クラシック,曲,

 

モーツァルト

モーツァルトの曲はクラシック音楽の中でも、特に高いリラックス効果を持っていて、胎教にも使われるほどです。

モーツァルトのおすすめ楽曲

  • ヴァイオリン協奏曲第4番 K.218第3楽章
  • 弦楽四重奏曲K458第2楽章
  • ディベルティメントK136第2楽章
  • アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525 第2楽章

 

バッハ

バッハの楽曲もまた安眠には効果的だとされています。当時、不眠症に悩む伯爵の為に作曲したというのが「ゴールドベルグ変奏曲」だといわれています。

バッハのおすすめの楽曲

  • G線上のアリア
  • ゴ―ルドベルグ変奏曲

 

ショパン

ピアノ曲をたくさん作曲していたショパン。ゆったりと単調な旋律が、心地よい入眠を誘います。

ショパンのおすすめの楽曲

  • ノクターン第2番変ホ長調
  • 別れの曲
  • 雨だれ

 

メンテルスゾーン

「19世紀のモーツァルト」とも呼ばれた作曲家。ヴァイオリン協奏曲が有名で、多くの人が一度は耳にしたことがあるはず。

メンテルスゾーンのおすすめの楽曲

  • バイオリン協奏曲
  • 「真夏の夜の夢」~夜想曲

 

ドビュッシー

ドビュッシーはその特徴的な作曲技法から「印象主義音楽(印象派)」と称された作曲家です。美しい旋律による癒し効果は抜群です。

ドビュッシーのおすすめの楽曲

  • 水の精
  • 月の光

 

シューベルト

ドイツ歌曲に大きく貢献し、「歌曲の王」と呼ばれるシューベルトです。

シューベルトのおすすめの曲

  • シューベルトの子守歌
  • アヴェ・マリア
  • 野ばら

 

フォーレ

フランスの作曲家のフォーレです。あまり名前は知られていないかもしれませんが、静かで優しい曲が多いので、リラックスしたい時にはおすすめです。

フォーレのおすすめの楽曲

  • 「ドリー」より子守歌
  • 夢のあとに
  • レクイエムより「楽園にて」

 

まとめ

モーツァルトやバッハを始め、クラシック音楽には不眠症の解消やリラックス効果が期待できます。疲れがたまっている時や、ストレスがたまっているとき、心を落ち着けてゆったりしたい時、仕事に集中したい時など、日常の多くの場面で取り入れてみて下さい。

特に、今までクラシック音楽には馴染みの無かった人こそ、そのリラックス効果を感じてみてください。今までクラシックに興味がなかったとしても、紹介した中に聴いたことのある曲は多いと思います。

忙しい日常にわずかな癒しの時間を設けるだけでも、とても安らかな気持ちになることが出来ます。

ぜひ一度お試しください。

 

ヒーリングミュージックってどれだけの効果があるの?

寝ても疲れが取れない?あなた睡眠障害かもしれないですよ?

 

クラシックを全身で味わいたい人はココがおすすめ

静かにクラシックで癒されたいならここ!渋谷の穴場カフェ「名曲喫茶ライオン」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ