人気格闘漫画「バキ」アニメ化決定!?これは期待せざるを得ない・・・

ライオン,バキ,刃牙

 

あの人気漫画「「バキ」のアニメ化が決定したそうです。

「バキ」といえば、板垣恵介先生の格闘漫画であり、私の大好きで愛する漫画のひとつでもあります。

いままで何度読み返したことか、、、

これは期待せざるを得ない。

 

 

祝!バキ25周年記念

今回のアニメ化は、「バキ25周年記念」ということらしいです。

「グラップラー刃牙」に始まり、「バキ」「範馬刃牙」そして現在の「刃牙道」と、週刊少年チャンピオンにていまだに連載を続ける超人気格闘漫画。

ものすご~~くざっくりというと、「世界最強を夢見る男たち」の話。

自分の好きなマンガがこれだけ長く連載を続けているというのは、とても嬉しく、喜ばしいことです。

 

 

アニメ化されるのは「バキ」最凶死刑囚編

バキの最凶死刑囚編は、グラップラー刃牙で開催された「地下闘技場トーナメントに参加した格闘家たち」「凶悪すぎる死刑囚」との闘い。

今回アニメ化される「バキ」では、グラップラー刃牙で登場したキャラクターたちがより深く描かれていき、僕がバキにのめりこんでいくきっかけにもあった話。

 

 

肉体的闘争力!!

バキは格闘マンガです。それもかなり純粋な。

バキは、○○の実のような能力や、何かを錬成したり、かめ〇め波みたいなのはだせません。

殴る、蹴るというような肉弾戦だけ。

しかし、バキはそれがイイんです!

 

主人公「刃牙」の、父親「範馬勇次郎」は自分が求める強さについてこういっています。

 

大国の武力など目じゃない!
己の五体のみを条件とした絶対的闘争力!

 

バキを知らない人は、「いったいこの人は何を言っているんだ・・・」と思うかもしれません。

しかし、純粋な強さを求め続けるのが、バキというマンガです。

そんな範馬勇次郎は、日本の内閣総理大臣宅に1人で、乗り込んで制圧しちゃいます。

 

 

アニメ化は実は2度目なんです

実は「グラップラー刃牙」の方のアニメ化は、ずいぶん前に行われています。学生時代に「スカパー」で見た覚えがありますね。

ただ、残念ながら、アニメ版「グラップラー刃牙」ではバキの面白さがそこまで表現できていなかったように思います。

当時学生で、いちおう全話見ましたが、少なくとも面白かったという記憶はないですね。(ある意味独特な世界観ではありましたが、、)

 

バキの欠かせない魅力はやはり、リアルに描かれた迫力ある戦闘シーンなんです。

筋肉の繊維一本一本まで緻密に描かれ、細かな表情で感情を表現し、鬼気迫る殴り合い。

闘いにそのひとの全人格が現れるかのような表現が素晴らしいんです。

 

板垣先生の表現力が凄すぎて、当時のアニメでは表現しきれなかったのかもしれません・・・。

 

 

「バキ」アニメ化に期待!!

今回のアニメ化こそは原作を超えるような良い作品になってほしいなと期待しています。

ちょうど今放送しているアニメ「ジョジョの奇妙な冒険第四部」では、制作陣のジョジョ愛が感じられる素晴らしい出来だと思います。アニメにしかできないような表現をしていて、見ていて感心するほどです。

私はジョジョも大好きで、放送中のジョジョ第四部の話もすでに知っていますが、それでも毎週楽しみで次の展開にドキドキしながら見ています。

 

 

アニメ化すると、「原作と違う!!」「原作のほうが良かった!!」という声があったりしますが、それは仕方のないことです。

「バキ」はもう10年以上前の漫画なので、現代の最新のアニメ技術と表現力で、当時の「バキ」とはまた違った面白さを見せてくれたらとも思います。

原作をたどるだけでなく、ぜひバキ愛の感じられるアニメになってほしいと期待しています。

 

 

ちなみに、

いま連載している「刃牙道」も面白いですが、やはり最初の「グラップラー刃牙」から読んでこそ、アニメ版の面白さが実感できると思います。

今回のアニメ化により、今までバキを知らなかった人や、読んだことがない人も見る機会があることでしょう。

 

しかし、漫画を読んでからアニメ版「バキ」を見てほしいなと思います。

そうすると「グラップラー刃牙」で登場したキャラクターたちのより深い魅力が感じられると思いますよ。

 

単行本をわざわざ買わなくても、試しにKindleで見ることもできます。よかったらチェックしてみて下さいね。

 

「バキ」少年チャンピオン・コミックス(Amazon)
「バキ」少年チャンピオン・コミックス(楽天)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ